ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【Apple Watch 活用術】『アメミル』で急な雨にも余裕で対応。

SPONSORED LINK

アメミルのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

シリーズ「Apple Watch 活用術」、今回は 気象予報アプリ『アメミル』をご紹介。

ゲリラ豪雨も手元でお知らせ、雨レーダーで回避余裕

 

今回ご紹介する「アメミル」、公式では気象レーダーARアプリと銘打たれています。

アメミル

アメミル

Shimadzu Business Systems Corporation無料posted withアプリーチ

 

このアプリ、リアルタイムの降雨情報を2Dの雨雲レーダーマップや、iPhoneなどスマホのカメラを通してのAR(拡張現実)で表示・お知らせする、ちょっと変わった機能のお天気アプリです。

コチラが iPhoneでの2D画面。

アメミルのイメージ02

 

周辺の降雨状況を、視覚的にわかりやすく表示してくれます。

コチラはサテライトビュー画面。

アメミルのイメージ03

 

まるで気象衛星から見たような立体的な画面で、雨雲の動きをリサーチしています。

で、「Apple Watch 活用術」としてご紹介している以上、もちろん Apple Watch 対応アプリとなっているのですが……

便利なのが、この Apple Watch による通知機能。

アメミルのイメージ04

 

このように、雨雲が近づいてくると Apple Watch の画面上にアニメーションが表示され、雨雲が近づいていることを知らせてくれる!

通知からアプリを起動すれば、iPhone 同様に周辺の雨雲の様子を2Dマップで確認可能。

夏場のゲリラ豪雨など、急な雨でずぶ濡れになる可能性を回避することができます。

ただし、雨雲の接近を知らせてくれるのは、iPhone アプリからメニュー画面の「雨通知設定」→「地点設定」で登録した1ヶ所のみ

「どこにいても、自分のいる場所の雨雲情報を逐一教えてほしい!」

という場合は、月額¥120課金することで

  • 15時間先までの雨予想
  • GPS追従モード
  • 広告の非表示

といった機能が開放。「GPS追従モード」でどこだろうと雨雲が近づけばお知らせしてくれます。

急な天候の崩れが多くなるこれからの季節、Apple Watch にインストールしておけば活躍すること間違いなしです。

 

まとめ

 

突然の雨も Apple Watch に通知してくれるお天気アプリ『アメミル』、ぜひお試しを!

 

 

アメミル

アメミル

Shimadzu Business Systems Corporation無料posted withアプリーチ