ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【液タブ Parblo Coast 16】お絵かきの工程を晒してみる。その1【クリスタ】

SPONSORED LINK

CLIP STUDIO PAINT PROのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

中華製の激安液晶タブレット「Parblo Coast 16」を購入し、お絵かきに覚醒した筆者。

www.gadgerepo.com

 

今回レポートするのは、液タブ「Parblo Coast 16」とペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」の組み合わせによる、筆者流 “お絵かきの工程” です。

“画面がふたつある” って素晴らしい……

 

液タブ購入以前は、iPad Pro と定番ペイントアプリ「Procreate(プロクリエイト)」でお絵かきしていた筆者。

www.gadgerepo.com

 

大まかな工程的にはその時となんら変わらず、元となる写真・画像を取り込み、下絵→アウトライン→ベタ塗り→細部仕上げという流れ。

ただ、最近はトレースに頼らなくても描けるように、下書きを大雑把に鉛筆ツールで描いてから、ペンで主線を引いていくようにしています。

キャンバスはA4サイズ(W210×H297)で800dpi が筆者の好み。

CLIP STUDIO PAINT PROのイメージ02

 

しかし、キャンバスが iPad Pro から Mac + 液タブとなったことで使用できる画面がふたつになり、なおかつ広くなったのは作業効率UPに大きく貢献していますね。

「CLIP STUDIO PAINT PRO」を起ち上げたら描画画面は液タブの 15.6インチに、そして頻繁に使う「ナビゲーター」「レイヤー」「カラー」「ペンツール」といったパレットも液タブ側に配置。

CLIP STUDIO PAINT PROのイメージ03

 

使用頻度の少ないパレット、そしてお手本・資料となる画像やウエブサイトなどは Mac 本体の画面に表示、と “机が広くなった” 印象です。

さらに、「CLIP STUDIO PAINT PRO」が “初心者にも使いやすい” という点もポイント高いです。

下書きを参照しつつ、「ペンツール」の Gペンと「消しゴムツール」で主線(アウトライン)を描いていきます。

CLIP STUDIO PAINT PROのイメージ04

 

とりあえず、納得がいくまで erase・rewrite を繰り返し、アウトラインが完成。

CLIP STUDIO PAINT PROのイメージ05

 

ここまでが大体 1時間くらいかな。

次回につづく。

 

まとめ

 

さぁ、次は楽しい「塗り絵」の時間です。