ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第十七話『双曲平面のアルタイル』感想

SPONSORED LINK

 双曲平面のアルタイルのイメージ01
TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」第十七話より

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

TV アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)』、第十七話「双曲平面のアルタイル」の感想です。

第十七話あらすじ ※ネタバレ注意

 

旧ラジ館屋上。タイムマシンの中で作業をしている鈴羽に、外からダルが声をかける。

「おーい鈴羽。ラブリーマイドーターいる?」

やれやれ、といった感じで顔を出す。様子を見に来たらしいダルに、

「駄目だよ。父さんが詳しいこと知ると、タイムパラドックスが起きるって言ったでしょ」

「だからこれも返しておく」

その手には、データログを記録するためと思われる装置が。

こうでもしなければ、自分にタイムマシンが作れるとは思えないと嘆くダルを、自信を持つようにと励ます。

どうやら、何事かを決意したらしい鈴羽。と、そこへまゆりが現れる。

悲壮な面持ちで鈴羽の元へ歩み寄り、未来のこと、そして牧瀬紅莉栖のことを教えてほしいと言うのだが……

ーーー

ラボに戻った鈴羽とまゆり。真帆を交えて話をすることに。ダルは買い出しにでかけたようだ。

「どうして今になって聞こうと思ったの?」

そう問いかける鈴羽に、まゆりは昨夜公園で倫太郎と会ったことを話す。

「でも……。オカリンすごい寂しそうで、去年からずっとずっと……寂しそうで……」

そこで鈴羽は、これまでの経緯を説明する。

牧瀬紅莉栖が生き、まゆりが命を失うα世界線と、牧瀬紅莉栖が命を失い、まゆりが生き続けるβ世界線。今いるこの世界線がβ世界線であるということ。

“シュタインズ・ゲート世界線”、二人がともに命を落とすことなく、第3次世界大戦も起きない世界を目指し、倫太郎はタイムリープマシンで何度も同じ夏を繰り返し、道を探し続けたこと。

これまで辿ってきた、全ての世界線での記憶が残る倫太郎の心は、ボロボロになってしまったこと……

そこへダルが、わざわざ銀座まで行って買ってきたというケーキを手にして帰ってくる。

鈴羽への餞別だという。

鈴羽の決意。燃料が残りわずかのタイムマシンを使い、ひとりで紅莉栖が死んだ去年、2010年の7月28日に戻り過去を変える……

だが、戻ってくるだけの燃料はないため、行けば帰れない片道切符の旅。さらには世界線の収束で、鈴羽そのものの存在が修正される可能性も……

もう再び会うことはない。だがそんな鈴羽の決意を尊重し、ダルもいっさい止めようとしない。

「こんなのよくないよ!すぐ止めなきゃ!」

タイミングよく着信した倫太郎からのメールに折り返し、電話するまゆり。

「もしもし!鈴さんが!鈴さんが大変なの!今からタイムマシンで一年前に行こうとしてて………」

だが倫太郎は、

「言っただろ!まゆりは何も知らなくていい!今のこの時間が……」

突然会話が途切れる。スマホの画面を見るとなぜか圏外……

なぜ、25年後の自分はこの時代に鈴羽を送り出したのか、ずっと考えていたというダル。未来の自分は、娘にこの平和だった世界を見せたかったのでは?と……

「だから僕も覚悟を決めたわけ。鈴羽と同じように使命を果たそうって。僕にできる事をやろうって!」

人類初のタイムマシンを完成させる、そんな壮大な目標に向けての決意を固めたダル。そんなダルの言葉に、

「まゆしぃは……どうすればいいのかな?何かしたいけど何もできてない……」

倫太郎を立ち直らせただけで十分、というダルに、まゆりは首を横に振る。

あの日……倫太郎が心を挫くことなく復活していたら、全ては変わっていたかもしれない。

この一年、ずっと何かが欠けていた。ずっと変わらずにいてほしいもの……

「泣きたいくらい求めてる。叫びたいくらい望んでる。私オカリンのことが好き……多分、紅莉栖さんと同じくらい」

溢れんばかりに涙を流しながら、まゆりが吹っ切ったように続ける。

「ううん、違う。絶対に……紅莉栖さんに負けないくらいずっと……ずっと好き!」

「けど……だけど!鳳凰院凶真はもっと大好きなの!」

世界を股に掛けて活躍する、白衣を着た狂気のマッドサイエンティスト。倫太郎の中二病全開な脳内別人格。

「私は!鳳凰院凶真に会いたいよ!あの偉そうな高笑いが聞きたいよ!」

それがまゆりの選択なら、迷うことはない、と言うダル。

その言葉に、まゆりが顔を上げる。もう涙は流していない。それは鈴羽やダルと同じ、覚悟を決めた顔だった。

「ダル君。真帆さん。まゆしぃは今日だけ人質をやめようと思います!」

ーーー

秋葉原駅、改札から倫太郎が飛び出してくる。

なぜか電話が不通になっており、まゆりにも連絡がつかない。急いでラボに向かう。

「まゆり!!」

だがラボにまゆりの姿はない。いるのはダルと真帆だけ。

なぜ携帯が繋がらないのか?秋葉原一体に全キャリアで通信障害が発生し、依然として復旧していないらしい。

ネットには繋がるものの、規制されてるのかそれらしい情報は見当たらない。

@ちゃんねるにアクセスすると、オカ板ではクラッキング騒ぎが。板のスレタイすべてが

「サリエリの隣人に告ぐ」

で埋め尽くされている異常事態。だが倫太郎はハンドルネームと書き込み内容から、それらが「アマデウス紅莉栖」によるものだと気づく。

急いでアマデウスにアクセスする真帆、だがあろうことかすべてのデータが無くなっている!

「在るべき場所から遠ざけられる……じゃあ時を司る秘密もその在処もっていうのは?」

紅莉栖の記憶データが奪われた!?ということはタイムマシンの存在も!

ーーー

全速力で旧ラジ館に走る倫太郎。

ダルと真帆の話では、ひとりで未来を変えようとする鈴羽と、それを追うまゆりはタイムマシンに向かったという。

携帯は未だ不通、連絡はとれない……

「働いてもらうよ。C203……」

タイムマシンを前に、鈴羽がつぶやく。

とそこへ、まゆりが現れる。止めるよう説得にきたものと勘違いする鈴羽だったが、意外にも、去年の8月21日へ自分も連れて行ってほしい、という。

2010年8月21日……倫太郎と鈴羽がタイムマシンに乗って過去に戻ったあの日。

「あの一瞬じゃなきゃ意味がないの」

戻ってこれなくても構わない、と言うまゆりの決意を知り、鈴羽も同意。

その時、昇降口のドアを勢いよく開いて倫太郎が登場。まゆりを説得しようと試みる。

ふたりのそばに歩み寄ろうとする倫太郎に、鈴羽が発泡。銃弾が足をかすめ、倒れ込む。

「オカリンの空を覆っている雨雲を取り払ってくる!」

そう言って背を向けるまゆりに、倫太郎は為す術がない……

ーーー

どこかのビル屋上、大量の血を流し壁にもたれるようにして倒れている黒いライダースーツの女性。

その死体?を見下ろしている、もうひとりの黒いライダースーツの女……いったい?

ーーー

倫太郎の足の怪我を介抱し、立ち上がる鈴羽。

何をするつもりだ?と問う倫太郎に、使命を果し、未来を変える、と告げ、その場を後にする。

タイムマシンへ歩み寄る途中、スマホに着信が。

ダルからのメールだが、送信日はなんと2025年!

「件名:オペレーション・アークライト」というそのムービーメールを開くと、14年後のややほっそりとした面持ちのダルが!

「やぁ鈴羽、父さんだよ。こちらは2025年だ」

「このムービーメールが届いたということは、君とまゆ氏はシュタインズ・ゲートへの道をまた一つ見つけたということだ」

薄暗い部屋の中で撮影されたせいで顔は見にくく、落ち着いた雰囲気ではあるもののその声はまさにダル。

「気付いてないかもしれないが、君達の選択によって世界線はまた少し変動したんだ」

「つまり僕は、君が出発した世界線とは違う別の世界の橋田至ということになる」

ムービーの中でダルが、「オペレーション・アークライト」の詳細を伝えようとした、その時!十数名以上の武装集団が突如現れ、鈴羽を取り囲む!

まゆりを人質に取られ、無抵抗で降伏する鈴羽。タイムマシンのドアロックを解除し、中に入って起動するよう促される。

だが一瞬のスキを突き、隠していたアーミーナイフで兵士に斬りつける!

銃を奪い、次々と兵士たちを無力化していく鈴羽。まゆりを拘束していた兵士を撃ち抜き、解放に成功。

「まゆ姉さん!走って!」

昇降口に向かい、駆け出すまゆりと鈴羽。だが、兵士の放った銃弾がまゆりに……

ゆっくりと倒れ込むまゆり。その顔に、一筋の血が滴る……

そして、そのまゆりにゆっくり歩み寄るひとりの影。

倫太郎、ではなくそれは、黒いライダースーツの女。

それは果たして、かがりなのか、それとも……

そして、まゆりの生死は……

 

オカリンへの想いを胸に、決断したまゆり!しかし……

 

あっという間の30分、またもや急展開の第十七話、『双曲平面のアルタイル』

覚悟を決めた鈴羽&ダルの橋田親子に触発され、そして溢れんばかりのオカリンへの想いから、タイムマシンに乗ると決めたまゆしぃ。

涙を流しながら、これまで口にしたことが無かったオカリンへの愛を公言。

グイッと涙を拭い、笑顔で顔を上げたまゆしぃに心打たれ、今回も号泣ですよ。

原作には無いシーンでしたが、やはりアニメは見せ方・展開が上手いですね。

そして怒涛の後半、襲撃シーンから、まさかのまゆり被弾。

エンディングクレジットから、襲ったのは「DURPA」部隊のようですが……

果たしてまゆりの運命は!?

黒いライダースーツの女、中身ははどっち?もしかがりの方なら……

来週は、惨劇覚悟ですね。

 

まとめ

 

まゆしぃ、人質をやめる言うた直後にリアル人質とか……