ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【ネタバレなし感想】ディズニーの実写映画『アラジン』を観てきました。

SPONSORED LINK

アラジンのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

2019年6月7日(金)から日本公開されているディズニーの実写映画『アラジン』

アニメ版がお気に入りの娘さんたちにせがまれて、先週末に観てまいりました。

個人的には待望の実写化、その感想は……

 

  • アリス・イン・ワンダーランド(2010年)
  • シンデレラ(2015年)
  • ジャングル・ブック (2016年)
  • 美女と野獣(2017年)
  • プーと大人になった僕 (2018年)
  • ダンボ(2019年)

と、往年のアニメ映画を次々と実写化し、大成功を収めているディズニー。

そして今回、満を持しての「アラジン」公開となったわけですが、筆者個人としてはこの実写化にはかなり期待していました。

それまでまったく興味が持てなかったディズニー映画を、娘さんたちの影響で観るようになったのはここ数年のこと。

その中でも、「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を題材とした「アラジン」は、男の子にも人気の昔ばなしとして馴染み深く、またランプの魔人ジーニーとの掛け合いも絶妙で筆者も大好きな作品のひとつです。

さらに、ジーニーとの洞窟での出会いの場面や、魔法で王子となったアラジンがアグラバー王国へ行進してくるシーンなど、実写化すれば “ばえる” だろうなぁ〜と常々思っていた筆者。

そんなわけで「アラジン実写化」の一報を聞いてからは、先に実写化された「シンデレラ」や「美女の野獣」がとても素晴らしい出来栄えだったこともあって、ちょっと過剰なくらい期待に胸膨らませていたわけです。

で、ついに鑑賞となったわけですが、その感想はというと……

大・満・足 !!!

未見のうちは「どうかな〜?」と思っていたアラジンとジャスミンのキャスティングも、これ以上ないくらいのハマり役だし、ジーニー役のウィル・スミスは言わずもがな。

そんなウィル・スミスが歌う洞窟での「フレンド・ライク・ミー」はノリノリで最高!

一番の見せ場である「ホール・ニュー・ワールド」の場面では、アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って飛び回るシーンが、実写となってより幻想的に生まれ変わっています。

筆者的には、アニメ版と違ってジーニーのハッピーエンドがきちんと描かれていたことに「ウルッ」ときてしまいましたね。

そう、悪役であるジャファーやジャスミンの父であるアグラバー国王、侍女のダリアや衛兵長ハキームに至るまで、登場人物それぞれの人となりが掘り下げて描かれているのが、アニメ版との違いとして印象的でした。

ラストシーンでの大団円、みんなで歌って踊るシーンでは、誰もが幸せな気分になれること間違いなしです。

 

まとめ

 

アニメ版オリジナルをさらに昇華した完成度の実写版『アラジン』
さぁ、次は「ライオンキング」だ!