ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

『Apple Watch Series 5』が欲しいので、メルカリに初挑戦してみた。

SPONSORED LINK

メルカリのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

日本時間の9月11日、米 Apple は watchOS 搭載のウェアラブルデバイスの新モデル『Apple Watch Series 5』を発表いたしました。

正直なところ、欲しいです。

不用品を売って購入資金を捻出してみよう作戦

 

iPhone 11や11 Pro/Pro Max、iPad (第7世代)と同時に、今回発表された新しい「Apple Watch Series 5」。

これまでのモデルでは、ディスプレイを常時表示させるにはバッテリーの持続時間を大きく犠牲にしなければなりませんでした。

しかし、新モデルはディスプレイに新技術を採用、常時表示した状態でこれまで同様18時間の連続動作が可能に。

1日の使用に耐えうるようバッテリーを節約するために、手首を上げるか画面をタップしなければ画面が表示されない設定にしていたユーザーにとっては、嬉しいアップデートとなりました。

また、新たにコンパス機能を搭載し、マップアプリ等で自分が立っている方向が画面に反映されるように。

そして本体の素材を、これまでのアルミニウムとステンレスに加え、チタン・セラミックから選択可能などといった変更が加えられました。

筆者的には、現在使用中の Series 3でも不満点であった「ディスプレイの常時表示問題」が解決するのは大きなアドバンテージ。

さらに、何気に筆者が注目しているのは Series 3に比べ「スピーカー性能が50%アップ」している点。

メルカリのイメージ02

 

筆者の Apple Watch の使い方として、「電話がかかってきた時、Apple Watch で応答する」頻度がかなり高いのですが、自動車内といった閉塞空間はともかくとして、屋外、それも雑踏の中ではスピーカーから聞こえる通話相手の声が結構聞き取りづらい。

Series 5 のスピーカー性能が向上しているなら、そのあたりも改善されるんじゃないかな?と期待しているわけです。

というわけで、発表から数日を経て Series 5 の購買意欲がどんどん上がってきているわけですが、問題になるのは購入資金

他の Apple 製品と比べれば安い部類に入るものの、一番安いモデルでも4万2800円からというのは、家族持ちで安月給の筆者にはキツイところ。

そこで、少しでも購入資金の足しになればと、これまで頑なに利用していなかったネットオークション、その中でも今一番メジャーで利用者の多い『メルカリ』で、金になりそうなものを出品してみることにいたしました。

 

3年間使い続けた「iPhone 6 Plus」を出品

 

ネットオークション、古くは「ヤフオク」などに代表される、長い歴史を持つWEBサービスですが、出品する際の品物の写真撮影や購入者からの問い合わせ対応、取引成立後の商品発送等など、諸々の処理がメンドくさそう大変そうでこれまで売るのも買うのも敬遠していた筆者。

そんな筆者が初オークション、初メルカリで出品するのがコチラ。

メルカリのイメージ03

 

現在使用中の iPhone 8 Plus の前に、約3年余り使い続けた “元相棒” 「iPhone 6 Plus」です。

記憶容量は64GBでキャリアは au(SIMロック未解除 SIM無し)、購入時の化粧箱にUSB電源アダプタ・純正イヤホン(いずれも未使用、ただし Lightningケーブルは無し)でモチロン残債無し。

購入したガジェット類に傷が付くことを極端なまでに嫌い、可能な限りカバー類で防護してきた iPhone 6 Plus ですのでビックリするほど無傷です。

他の出品を見てもおよそ2万〜1万5000円くらいの相場で売られているようなので、とりあえず “1万8000円” でスタート。

「メルカリ」にアクセスし登録後、撮影したブツの写真をアップロードし、粛々と商品の説明欄を埋めていきます。

メルカリのイメージ04

 

必要事項を記入して、出品!

メルカリのイメージ05

 

「Apple Watch Series 5」購入のいしずえとなるために……

どうか、買ってください!!!

 

まとめ

 

出品後、5時間あまりが経過しましたが、未だ反応なし。
不安になってきた……