ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

卒園・卒業シーズンに先駆けて、ビデオカメラ購入に悩んでみる。

SPONSORED LINK

ビデオカメラのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

私事わたくしごとではございますが、ビデオカメラが壊れました。

4K対応?機能を取るか軽さを重視するかで大混乱

 

我が家では、今年2019年の3月に次女の幼稚園卒園、4月には小学校入学を控えております。

そんな状況で、長年愛用していた JVC製ビデオカメラが壊れました。

厳密に言うと撮影自体はできるのですが、タッチパネル式の液晶モニタが反応しなくなったため、撮影後の動画ファイルにアクセスするすべがありません。

購入して数年経っていることはモチロン、落としたりぶつけたりとハードな使い方をしておりましたので、壊れてしまった事自体にはなんら驚くこともなく。

ともかく、最近はどのようなビデオカメラがあるのか、まったく知識の乏しい筆者夫婦は最寄りの家電販売店へ赴いたわけです。

やはり子どもの日常撮影がメインとなる我が家の場合、奥さんが重視する点は「軽さ」

イベントである卒業/入学式・運動会だけでなく、ちょっとした行事にも気軽にバッグに忍ばせて気にならない程度には軽いものがいい、とのこと。

どちらかといえば性能重視の筆者ですが、そうは言っても使用頻度が一番高いのは奥さんなわけで、その要望をないがしろにするわけにはいきません。

まぁ最新式のデジタルビデオカメラともなれば、機能は充実しながらもダウンサイジングが進み、小型化された商品ばかりだろうと考えていたわけですが、売り場に到着したところ……

でっかくなっとるやないかい!!!

パナソニック 4K ビデオカメラ WX1M 64GB ワイプ撮り あとから補正 ブラック HC-WX1M-K

そういえば最近なにかとテレビで「4K!4K!」言うてると思ったら、ビデオカメラにも 4K旋風が訪れているとは……

確かに売り場に設置されたモニターに映し出される、4K対応ビデオカメラで撮影した映像はエッジもシャープで詳細。

我が家の思い出を動画として残すなら、綺麗に越したことはない。

しかし、このサイズは……

値段もやはり高いし……

などと考えた結果、次回購入時にはサイズも値段も “こなれた” 4K対応カメラを買うことにして、今回は従来の「フルHD」ビデオカメラから選ぶことに。

とりあえず候補に上がったのは、奥さんイチオシのコチラ……

 

サイズも小さくて重量も軽く、奥さんの要望にピッタリ。

防水・防塵・耐衝撃性能に優れており、大容量内蔵バッテリーにより長時間連続撮影が可能。

しかし筆者の好みは……

 

「空間光学式手ブレ補正」が優秀な SONY の普及機。

全景撮影に適した広角撮影が可能で、5.1chマイクによる臨場感のある音声記録に対応しています。

性能重視な筆者的にはコチラが好みなのですが、重量が約375gで Everio の約306gより若干重く、フォルムも “ずんぐりむっくり” なところが奥さんにはお気に召さない様子。

さて、どうしたものか……

 

まとめ

 

軽さも重要だけど、ある程度は機能も欲しいし……
後日、結果報告します。