ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その48

SPONSORED LINK

らーめん 剛力のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、四十八回目は京都市南区『らーめん 剛力』さんです。

京都市南区「らーめん 剛力」

 

葛野大路八条交差点を少し南に下った西側、マンションの一階テナントで2019年1月11日にオープンしたばかりの新店「らーめん 剛力 」さん。

真新しく、真っ赤な大看板が目を引きます。

店先に貼り出されたチラシによると、

「某関東ラーメン店店主より受け継いだ、厳選された食材を使用した “淡麗系” らーめん」

ということで、期待が高まります。

さっそく店内に入ると、最近の新店舗ではお馴染みの券売機ではないようで、筆者的には好感度アップ。

メニューは

  • らーめん 730円
  • 味玉らーめん 830円
  • メンマらーめん 880円
  • ワンタンらーめん 930円
  • ちゃーしゅーらーめん 980円

となっており、それぞれ醤油・塩を選べるようになっています。

らーめん 剛力のイメージ02

 

その他、トッピング・ご飯物も充実しており、お昼時は唐揚げとライスがついてお得なランチメニューもあるようです。

ひとまず今回はオーソドックスに「らーめん(醤油)」を選んでみました。

 

すっきり上品な淡麗スープ「らーめん(醤油)」

 

さっそくカウンターに運ばれてきたのが、今回注文した「らーめん(醤油)」

らーめん 剛力のイメージ03

 

ちょっと見てくださいよ!この美味しそうな佇まい!

“淡麗系” ら〜めんを謳うだけあって、透き通るようなスープがひときわ目を引きますね。

一口飲んでみると、やはり普通のらーめんのものとはちょっと違う。

鶏ベースでガツンとした味わいがありつつも、醤油の味と香りを引き立てながら、しっかりと出汁の風味が。

らーめん、というよりも 「“和風” 中華そば」という感じ。

まったくしつこさがなく、いくらでも飲めそうなくらいの美味しさ!

麺は細麺。チュルチュルと勢いよく吸い込んで、噛むとしっかり芯に噛みごたえがある程よい柔らかさ。

チャーシューは厚めでボリュームあり。今日びの「しっとり柔らか」と違い、口の中でポロポロと崩れる食感が新鮮です。

トッピングは穂先メンマ、青菜に青ネギ。

よく見るとアラレ?が散りばめられており、これがまた不思議な口当たりを演出しています。

バランスよく、食後もすっきりとした満腹感で大満足。

万人におすすめできる「優等生」タイプのらーめんです。

 

まとめ

 

京都では珍しい味わいで癖になりそう!今後が期待できます!

 

 

らーめん 剛力

 

  • 京都府京都市南区吉祥院大河原町17-1
  • 電話 075-286-4075
  • 営業時間 11:00~
  • 定休日 不定休
  • 駐車場 無し