ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【超絶悲報】『Amazon Dash Button』での注文ができなくなる……

SPONSORED LINK

Amazon Dash Buttonのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

ボタンを押すだけで日用品を発注し自宅へ届けてくれる、Amazonの専用デバイスを使用した注文サービス『Amazon Dash Button』が、新規の販売を停止したことは以前お伝えしたのですが。

www.gadgerepo.com

このほど、Dash Button自体が利用できなくなる、とのこと。

ぅわぁああああああああああああ!!!

利用者激減に基づき、既存サービスも8月いっぱいで終了

 

Amazon の “IoT”(Internet of Things)端末「Dash Button」に登録された各種日用品を、Wi-Fi 経由で 文字通り“ワンプッシュ” で注文できるこのサービスは、日本では2016年12月から開始されていたもの。

日々の飲用が常態化しているVOX(ヴォックス)「強炭酸水」の購入にいつも利用している筆者ですが、新規の販売は停止となったものの、既存ユーザーへのサービスは継続されると聞いて安心しきっておりました。

ですので、今月初めにAmazon.co.jpから「Amazon Dash Button サービス終了のお知らせ」というメールが来たときも、

「あぁ、新規販売停止の再告知ね。乙おつ。」

と、読み飛ばしていたのですが、よくよく読んでみると……

Dash buttonをご利用のお客様

Amazonは、お客様の購入体験がより便利で簡単になるように、さらには購入する煩わしさを取り除けるよう、取り組んでまいりました。
Amazon Alexaに話しかけハンズフリーで商品を購入できる音声ショッピングや、商品の自動再注文サービス Amazon Dash Replenishmentの対応機器の数は世界で数百に上り、定期おトク便やバーチャルダッシュも導入してまいりました。
これらサービスが充実してきたことを踏まえ、2019年8月31日をもちまして、Dash Button経由での商品の販売を終了する事に致しました(システムの都合上、2019年8月31日以降もしばらくの間購入できる可能性もございますが、順次終了させて頂きます)。

 

ぅおぉおおおおおおおぃ、マジかよ!!!

つい先日も、炭酸水なくなったんでポチったっつ〜の!

  1. 冷蔵庫から炭酸水を取り出す。
  2. 無くなったら在庫から補充する。
  3. 在庫が少なくなってきたら、冷蔵庫に貼り付けてあるDash Buttonをポチ!

っていう一切の無駄のない完璧なローテーションだったのに!

これからは、

  1. 冷蔵庫から炭酸水を取り出す。
  2. 無くなったら在庫から補充する。
  3. 在庫が少なくなってきたら、iPhoneを取り出す。
  4. Amazonのアプリを起動。
  5. 「Virtual Dash」か「ワンクリックで購入」で注文。

うわぁぁぁぁ!二手間増えてる〜!!!めんどくさいー!!!

まぁ確かに、Dash Buttonが初めて発表されたときは、

「なんという技術の無駄遣いw」

と冷ややかな感想を抱いていた筆者でしたが、実際に使ってみて実感した便利さ・快適さといったら……

Dash Buttonの無い生活なんて耐えられない。

サービスが続く限り、ポチり続けるぐらいの意気込みだったのに……

どうしてこうなった……

 

まとめ

 

しかたがない……
「Amazon Echo」買うか……