ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

DIYの相棒に!BOSCH(ボッシュ)バッテリードライバー『IXO5』を買ってみた。

SPONSORED LINK

BOSCHバッテリードライバーのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

ご家庭でのちょっとしたDIYに重宝する、BOSCH(ボッシュ)製の充電式電動ドライバー『IXO5』を購入してみました。

BOSCH(ボッシュ)バッテリードライバー『IXO5』購入レポート

 

ぶっちゃけたところ、筆者はあまり日曜大工・DIYをやりません。

父親が日曜大工に命をかけているタイプだったので、その反動かも……

しかし、そうは言っても生活の中で、何かとドライバーを使うシーンはあるわけで。

一応、筆者も電動ドライバーは持っているのですが、十数年前に買ったやたらデッカい代物で、扱いにくいことこの上ない。

しかもバッテリーがヘタってきたのか、満タンに充電してから使い始めても、ものの30分ほどで使えなくなる始末。

というわけで、手頃なサイズで扱いやすそうな電動ドライバーを探してみたところ、アンテナに引っかかったのがコチラの商品です。

 

BOSCH(ボッシュ)のバッテリードライバー『IXO(アイ・エックス・オー)5』は、Amazonでも高い評価を得ている小型軽量の充電式電動ドライバーです。

ドイツの一流電動工具メーカー「BOSCH(ボッシュ)」の製品ながら、¥ 4,390(2019年4月購入時)という値段で手に入るのが人気の理由でしょうか。

さっそく購入してみました。

いつものAmazon製ダンボールの中に、ビニール包装。紙製の帯といった簡易的なパッケージですが……

BOSCHバッテリードライバーのイメージ02

 

専用ケースはなかなかしっかりした作りです。

BOSCHバッテリードライバーのイメージ03

 

ケースの中身は本体のほか、Micro USB端子の充電器に10種類のドライバービット、そして説明書。

BOSCHバッテリードライバーのイメージ04

 

これが本体。

手にすっぽりと収まるサイズで、重量も約300gと軽量です。

BOSCHバッテリードライバーのイメージ05

 

正転・逆転の切り替えはスライド式スイッチで大きく使いやすい。

本体上部にはバッテリーの充電状況や残量が分かるインジケーターランプが。

BOSCHバッテリードライバーのイメージ06

 

持ち手部分には充電用のMicro USB端子あり。

付属の充電器以外にも、PCなどのUSB端子やモバイルバッテリーからの充電が可能。

BOSCHバッテリードライバーのイメージ07

 

付属する10種類のドライバービット。

これだけあれば一通りのシチュエーションに対応できそうです。

BOSCHバッテリードライバーのイメージ08

 

で、実際に使ってみた感想。

仕事の関係で約1時間ほど、約40ヶ所の木ネジを開け締めしましたが、作業の最後までバッテリーは持ちました。

小型・軽量で取り回しやすいのは、やはり大きなアドバンテージですね。

壁際のネジが開け締めできるか心配でしたが、ちょっと斜めった角度でも大丈夫。

「手で締めるとシンドいだろうなぁ〜」といったケースでも、グイグイと締め付けてくれました。

ただ、Amazonのレビューにもあるように、トルク調整機能(設定したトルクに達するとビットが空回りして締め付けなくなる)がないため、気を付けていないとネジ穴をナメてしまう恐れがあります。

しっかりとネジ穴に押し付けて、締め切る直前まで来たら少しずつ回すようにすればいいのでしょうが、毎度まいど気を使うのも面倒くさいので、コチラのオプションを購入したほうがよさそうですね。

 

筆者も追加で購入する予定です。

 

まとめ

 

小型で軽量、コードレスで使い勝手抜群のBOSCHバッテリードライバー『IXO5』
ご家庭でのちょっとした工作なら、必要十分な性能です。