ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第四話『亡失流転のソリチュード』感想

SPONSORED LINK

 亡失流転のソリチュードのイメージ01 TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」第四話より

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

TV アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)』、第四話「亡失流転のソリチュード」の感想です。

第四話あらすじ

 

真帆から「牧瀬紅莉栖はもういない」という現実を突きつけられた瞬間、世界が歪む感覚にとらわれる倫太郎。

即座に「リーディング・シュタイナー」による世界線の移動を疑うが、クリスマスパーティーが行われたのは間違いない様子。

しかし「唐突に会話を打ち切ったA紅莉栖に再度かけ直した」という、記憶にない事象があるということは、やはり世界線が変わったから?

ホテルのロビーで倫太郎、真帆、レスキネンが会話中。

A紅莉栖に恋愛感情が生まれることを期待するレスキネンだが、やはり真帆は倫太郎の様子が気にかかる。

倫太郎と別れ、宿泊中のホテルに帰ってきた真帆。部屋のテーブル上には赤いノートPCが。

真帆のものはシルバーだったはず。いったい誰の……。

場面変わって、パーティー後のラボに残るダルと鈴羽。

鈴羽は、一緒に未来からタイムトラベルしてきたものの1998年の秋葉原ではぐれてしまった女の子を探していた。

その女の子は、なんと未来で まゆりが養女にした「椎名かがり」。

はぐれた1998年当時に10歳ということは、2010年現在は生きていれば22歳。ダルから話を聞いた倫太郎も、かがり探しを手伝うことに。

2000年問題、さらには第三次世界大戦の原因となった IBN5100を探しに未来からやってきた鈴羽と かがりだったが、どうやら かがりは何者かに洗脳されており、そのために鈴羽のもとを去ったみたい。

図書館で失踪当時の新聞バックナンバーチェック、警察の失踪人リスト、秋葉が地元のフェイリスやルカ子にも手伝ってもらうが、かがり探しは難航。そんな時、

「餅は餅屋。人探しは専門家に頼むのが一番!」

とダルが依頼した助っ人がラボに現れるが、それはα世界線で まゆりを手にかけた「ラウンダー」、桐生萌郁だった……。

 

萌郁さん登場、ダルがお父さんっぽかった第四話

 

第四話ラストでは、一話にチラッと出てた萌郁さんが再登場。

これから積極的に物語に絡んでくるのでしょうか。

原作では真帆さんルートでの二人の友情に「ウルッ」となった筆者ですが、そのあたりも是非アニメで見たいものです。

そして、

行方不明の かがり、今何処に?

ルカ子宅に訪れた来客は誰なのか?!

幼女かがりを洗脳したのは?

世界線は変動したのか?その原因は??

と、いくつもの謎部分が出てきて物語が動き出しましたね〜。

複雑だった原作のルート分岐を、どうまとめてくるのかも楽しみ。

それにしても、あのダルが……。立派なお父さんになって……。

でも、最終的に鈴羽にあきれ顔されるのはお約束www

 

まとめ

 

果たしてβ世界線の萌郁さんは敵か?味方か?!
オカリン、トラウマに負けず頑張れ!