ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その40

SPONSORED LINK

麺屋一空のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、四十回目は京都市南区『麺屋一空』さんです。

京都市南区「麺屋一空」

 

今回訪れた「麺屋一空」は、2018年4月にオープンしたばかりの新店。

といっても、伏見の人気店「フカクサ製麺食堂」の2号店とのことで、期待は高まります。

「フカクサ製麺食堂」のレポートはコチラ。

www.gadgerepo.com

 

JR西大路駅から徒歩数十メートル、駅前ということで駐車場はありません。お車の場合は近場のコインパーキングを利用することになります。

カウンター席のみで10席ほどでしょうか。

休日昼間の訪問でしたが、早めの時間帯だったおかげで並ばずに入店できました。

入口すぐの券売機で食券を購入するスタイルです。

フカクサ製麺食堂ではクリィミーでマイルドなスープの「おさかな鶏白湯」が印象的ですが、新店のメニューは……

  • 鶏醤油らーめん 800円
  • 鶏塩らーめん 800円
  • 鶏白湯らーめん(醤油) 850円
  • 鶏白湯らーめん(塩) 850円

と、清湯スープの醤油・塩と白湯スープの醤油・塩、という構成。

前回、フカクサ製麺食堂では白湯らーめんを注文したので、今回の麺屋一空では「鶏醤油らーめん」を頼んでみることにしました。

 

多彩な味わいが楽しめる「鶏醤油らーめん」

 

注文後、程なくしてテーブルに現れたのがコチラ、「鶏醤油らーめん」

麺屋一空のイメージ02

醤油ベースで濁りのない清湯スープ。

なのに口の中には醤油・鶏、野菜系の甘み、黒胡椒のピリッとしたアクセントなどが「ブワッ」っと広がります。

中太の麺はプリプリっとした食感で気持ちいい。味わい深いスープが良く絡んで一体化しています。

うれしいのは豚と鶏、2種類で大きめのレアチャーシューが「どっかり」と乗っているところ。

どちらも口の中でほどけるほど柔らかく、スープの邪魔にならない味付けがGood。

その他のトッピングは青ネギと白髪ねぎにメンマ。

特に青ネギと白髪ねぎは、濃厚なスープの合間に清涼感を与えてくれる名脇役バイプレーヤーとなっています。

深みのある切立丼のおかげでスープ・麺の量も丁度よいくらい。

またもや、通いたくなるラーメン屋さんが増えてしまいましたw

 

まとめ

 

ファミリー向けではありませんが、ラーメン好きなら是非食べて欲しい一店。
次回は「白湯らーめん」だ!

 

 

麺屋一空

 

  • 京都府京都市南区唐橋西平垣町17
  • 電話 非公開
  • 営業時間 11:00〜15:00/17:30〜21:30
  • 定休日 日曜日・第三月曜日
  • 駐車場 無し