ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

Apple Watch 紛失!

SPONSORED LINK

Apple Watch紛失のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

突然ですが、Apple Watch 落としちゃいました……

紛失した経緯と、顛末

 

理由わけあって詳細は明かせませんが、先日家族で某遊園地に遊びに行きまして。

Apple Watch紛失のイメージ02

 

それはもう楽しく遊びまくったわけなんですけども、後半になると下の娘さんが遊び疲れて眠ってしまったんですよね。

で、抱っこして園内を回っていたんですが、ふと左手に違和感を感じ、目をやると……

付けていたはずの Apple Watch が無い!!!

急いで付近を見て回るも、見当たらず。

筆者の Apple Watch(Series3)は 防水カバーに普通の時計用ベルトを取り付けてカスタマイズしたもの。

www.gadgerepo.com

 

このベルトが面ファスナータイプのため、抱っこした娘さんを何度か抱き直すはずみに「ベリッ!」と外れちゃった模様。

Apple Watch から何度か LINE の通知を確認していたので、まだ付けていたであろう場所からここまでの道のりを引き返し、それこそ目を皿のようにして探しますが……

無い!!!

そして、何度か往復している内に

「そうだ!『iPhone を探す』アプリだ!!!」

と思い出し、iPhone を確認してみたのですが……

『iPhone を探す』がOFFになってる ○……| ̄|_

以前ソフトウェア・アップデートした際に解除したまま、ONに戻していなかったようで……

ならば!と思いついたのが iPhone の「Watch」アプリ

  1. マイウォッチタブの「一般」→「使用状況」をチェック。
  2. 「Apple Watch に繋がりません」と出たら少し移動。
  3. 再度「使用状況」をチェック。
  4. もし近くに落ちていれば、使用状況が表示!

という作業を延々と繰り返したのですが、ヒットせず……

ここまでやって、さすがに諦めがつき(というか精魂枯れ果てた)その日は終了。

泊まりの予定だったので宿に戻り、翌日朝一に遊園地の落とし物センターに問い合わせることにいたしました。

いつもなら枕元にあるはずの Apple Watch。いったいこの寒空の中、どうしているのやら……

まんじりともしない夜を過ごし、翌朝、遊園地の開園時間になるや否や落とし物センターに突撃した結果……

無事、落とし物として届けられておりました〜。

Apple Watch紛失のイメージ03

 

Apple Watch を紛失しないための備え

 

さて、今回は運良く手元に戻ってきたものの、またいつ紛失の憂き目に合うか分かりません。

というわけで、さっそく『iPhone を探す』を再設定。

iPhone の設定アプリから一番上の利用者IDをタップ→「iCloud」→「iPhone を探す」をONにします。

Apple Watch紛失のイメージ04

 

あとは「iPhone を探す」アプリから、iPhone とペアリングされた Apple Watch の位置情報も確認できます。

Apple Watch紛失のイメージ05

 

これで Apple Watch Series 4 の GPS + Cellular モデル、そして Series 3 の GPS + Cellular モデルは安心。

しかし、Series 3 および Series 2 の GPS モデル、そして Series 1 はペアリングしてある iPhone が近くにあるか、 Wi-Fi 接続されていないと位置情報を確認できないので、最終的に iPhone が近くにあった or Wi-Fi 接続されていた場所しか分からず、気休め程度にしかなりません。

もし紛失しても、ダメ元で「紛失モード」を試すくらいでしょうか。

やはり、「無くさないようにする」のが一番ですね。

 

まとめ

 

でも、見つかって本っ当によかった〜!!!