ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

グーグルの画像圧縮Webアプリ『Squoosh』がもう手放せない!

SPONSORED LINK

Squooshのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

今回は、ブログに掲載する写真・画像の容量圧縮やリサイズに便利なWebアプリ『Squoosh(スクワッシュ)』をご紹介します。

PCでもスマホでも、ブラウザから簡単編集

 

Squoosh(スクワッシュ)は2018年11月にGoogleが発表した、画像圧縮に特化したWebサービスです。

squoosh.app

 

PCでもスマホでも、ブラウザからアクセスして利用可能。アプリをインストールする必要はありません。

Squooshのイメージ02

 

PCであれば編集したい画像をホーム画面にドラッグ・アンド・ドロップ、スマホなら「Select an image」をタップして保存している画像を選択すればオッケー。

画面が分割され、圧縮前と圧縮後の画質や劣化具合を目視で確認しながら、スライダーを動かして圧縮率を調整できる手軽さが素晴らしい。

Squooshのイメージ03

 

また、圧縮と同時にリサイズもできるので、スマホで撮った写真をブログに掲載する場合には Squoosh 一発で写真をリサイズ・圧縮、そのままスマホ上でブログの記事執筆、という流れもスムーズに行なえます。

しかし、何と言っても特筆すべきは「圧縮率の高さ」に対する「画像劣化の少なさ」

例えば本記事のアイキャッチ画像、もともとは画像サイズ1280×853、容量319KBのJPEGイメージですが、960×640にリサイズし、「Quality」を75%に下げ、フォーマットを「MozJPEG」に変換することで容量は87KBに。

約27%の圧縮率ですが、画質に見た目の変化はほとんど見えません。

Squooshで変換できる画像フォーマットも、

  • JPEG
  • PNG
  • MozJPEG
  • WebP
  • JPEG2000
  • TIFF- BMP
  • PDF
  • GIF
    ※ChromeやSafariなど、使用するブラウザによって異なる

と多種多様。

「Mobile First Index」「PageSpeed Insights」など、なにかとサイトスピードの向上を焚き付けてくる Google ですが、『Squoosh』はそんな Google からのサイト運営者に対する贈り物、でしょうか。

 

まとめ

 

お手軽に画像圧縮できるWebアプリ『Squoosh』
SEO対策として、サイト運営者は是非活用しましょう。