ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

古いノートパソコンのHDDをSSDに換装!爆速起動で現役復活!

SPONSORED LINK

SSD換装のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

今回は、自宅でほこりを被っていたノートパソコンを復活させるべく、内蔵ストレージをHDD(ハードディスク)からSSD(ソリッドステートドライブ)に換装した過程をレポートします。

今や底値のSSDで格安お手軽パワーアップ

 

筆者が2011年に購入したWindowsのノートパソコン「Acer Aspire 5750G」

SSD換装のイメージ02

 

8年前の機種とはいえ、第二世代インテル Core i7-2630QM プロセッサー、NVIDIA GeForce GT 540Mビデオメモリ搭載と、当時としては中々にパワフルな性能だったのですが、寄る年波には勝てず現役からは退いていました。

しかし、上の娘さんが小学校でパソコンクラブに入部、WebブラウザやWord、ExcelといったPCの使い方を教わりだすと、家でもPCを使いたい!ということになり……

久しぶりに物置から引っ張り出してみたものの、起動や各種動作がいちいちモタつくのでストレスが溜まります。

やはり、OSを「Windows 10」にアップデートしたのが致命傷だったか……

そこで以前から気になっていた、PCの内蔵ストレージをHDD(ハードディスク)からSSD(ソリッドステートドライブ)へと交換して高速化するカスタムを試してみることに。

最近はSSDもだいぶ値段がこなれてきて、気軽に買える価格になりましたしね。

というわけで、さっそく必要なパーツを購入。

SSDは、容量で迷いましたが、まぁお試しということでほぼ底値状態の256GBを選択しました。

 

さらに、現状のHDDからデータをSSDへコピーするために、SSD対応のHDDケースも。

 

Amazonでサクッと注文、翌日到着です。ビバ!プライム会員!!!

SSD換装のイメージ03

 

コチラが「SiliconPower SSD A55シリーズ」の256GB。

初めてSSDに触りましたが、軽いねw

SSD換装のイメージ04

 

Amazonでの評価も高い「Wavlink 2.5インチUSB 3.0 HDDケース」

SSD換装のイメージ05

 

今回は、OSのクリーンインストールではなく現状のHDD内データをそのままクローン化するので、ノートPCで認識できるようSSDをケースにセットし、接続します。

SSD換装のイメージ06

 

Winsows 10の場合、「PC」を右クリックして「管理」を選択、コンピューターの管理画面から「ディスクの管理」をクリックします。

SSD換装のイメージ07

 

表示されるボリュームの中から、SSDを選択。フォーマット前のため、まだ使用できる状態ではありません。

SSD換装のイメージ08

 

そこで、SSDを右クリックし「新しいシンプルボリューム」を選択。

「新しいシンプルボリューム ウィザード」に従って、フォーマットします。

SSD換装のイメージ09

SSD換装のイメージ10

 

SSDが使える状態になったので、古いHDDの内容を新しいSSDに移行します。

ここで使うのは、Win用のクローン作成ソフト「EaseUS Todo Backup」のフリー版。

jp.easeus.com

 

Cドライブのパーティションなどの情報を全てコピーできる“システムクローン機能”で、SSDを起動可能なディスクにします。

SSD換装のイメージ11

 

コピー元のディスクとしてCドライブを選択。

コピー先には新しく購入したSSDを選択します。HDDの容量を確認し、間違えないように。

また、「高度なオプション」から「SSDに最適化」のチェックを入れておきましょう。

SSD換装のイメージ12

 

システムクローンを開始し、小一時間ほどすれば作業は完了。

いよいよ古いHDDと新しいSSDを交換します。

電源を落とし、ACケーブルとバッテリーを外した上で、ノートパソコンの裏面からHDDにアクセス。

SSD換装のイメージ13

 

金属フレームごとHDDを外し、SSDに付け替えた上で元に戻し、作業完了。

SSD換装のイメージ14

 

さっそく起動してみると、目に見えて起ち上がりが早くなってる!!!

Win用定番のベンチマークソフト、「CrystalDiskMark」で計測してみると……

SSD換装のイメージ15

 

軒並み数値が高くなり、高速化されたのが分かります。

ソフトの起動や各種動作のモタつきも改善され、快適そのもの!

これで無事、古参PCの現役復活となりました。

 

まとめ

 

数年前の古いPCも、まだまだ現役で活躍できるスペックとなるSSD換装!
タンスの肥やしになっているPC復活に、ぜひ!