ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【Nintendo Switch Lite 発売決定】結局のところ、無印と Lite はどっちが“買い”なの?

SPONSORED LINK

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

さて、2019年7月11日に電撃発表された任天堂の新ゲームハード『Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト、以下 Lite)』

発売日も9月20日とアナウンスされ話題沸騰ですが、皆さん購入の準備はOKですか?

携帯機能に特化した Lite、その購買層は?

 

今回発表された「Nintendo Switch Lite」は、Nintendo Switch(以下、無印)の「携帯モード」に特化。

テレビモニターにゲーム画面を出力させる「ドック」への接続や、取外し可能だったコントローラー「Joy-Con(L)/(R)」を廃し、携帯性を向上させた仕様へと生まれ変わりました。

また、機能を削ってブラッシュアップすることで、メーカー希望小売価格は 19,980円(税別)と、無印よりも10,000円安い価格帯を実現。

無印との性能差については、公式サイト内「ニュースリリース」の比較表がわかりやすい。

www.nintendo.co.jp

 

これまで、無印の 29,980円(税別)という価格に躊躇ちゅうちょしていたライトゲーマーや、テレビには接続せずに携帯モードのみで使用している、といったユーザーには新規購入・買い替えを促すアピール度は高いかと思われます。

もっぱら“SONYっ子”の筆者も、これまで無印は購入を見送っていましたが───

「携帯モード特化の Nintendo Switch が出るらしい。」

という噂を耳にしてからは、値段によっては買おうかな?と狙っていたクチでした。

で、今回の電撃発表となったわけですが……

Lite、思った以上に機能が削られてるんですよね〜。

Joy-Conが状況に応じて振動する「HD振動」や、照射した赤外線(IR)をカメラで読み取り、物体の動きや形を検知する「モーションIRカメラ」は、Joy-Conが本体直付けになった都合上致し方なし、と思うのですが───

TVモニタにゲーム画面に出力する「TVモード」まで削ってくるとは……意外でした。

機能を削った分、無印とLiteの間に生まれた価格差は10,000円。確かに大きい。

しかし、たとえばコチラ。

store.nintendo.co.jp

マイニンテンドーストア限定「Nintendo Switch 2台目用セット」

「ドック」や「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」に「HDMIケーブル」と、通常版には付属しているオプションが削られた限定セットですが、価格は24,980円(税別)と、Lite との価格差は5,000円です。

現在は品切れ中ですが、復活すれば2台目需要のユーザーにとって、機能を考えて5,000円の差ならばコチラを選びそう。

1台目として購入する筆者としても、Liteの携帯性と低価格は魅力ながらも、無印の「TVモード」は捨てきれないし……

う〜ん、迷う───……

 

まとめ

 

でも小・中学生にはウケるんだろうな〜
無印よりバカ売れしそう。