ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【Apple Watch 活用術】Apple Watch でお気軽ツイート『Chirp for Twitter』。

SPONSORED LINK

Chirp for Twitterのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

シリーズ「Apple Watch 活用術」、今回は Apple Watch から Twitter のタイムライン閲覧やツイートができるアプリ『Chirp for Twitter』をレポートします。

Apple Watch で唯一無二の Twitter アプリ

 

今回、ご紹介するのがコチラ。

Chirp for Twitter

Chirp for Twitter

  • Will Bishop
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

 

2017年に公式アプリが、2018年には Tweetbot が非対応となって以来、Apple Watch で Twitter を利用するには厳しい状況が続いていました。

しかし、「Apple Watch で Twitter を手軽に使いたい」という思いによって開発されたアプリ「Chirp for Twitter」が、バージョンアップを重ね、Apple Watch の Twitter 定番クライアントとして唯一無二の存在となりました。

まずは iPhone の「Watch」アプリから「Chirp for Twitter」をインストール。

iPhone からアプリを立ち上げ、ログインして Twitter のアカウント利用を許可します。

Chirp for Twitterのイメージ02

 

これでApple Watch でも「Chirp for Twitter」が利用可能に。

Chirp for Twitterのイメージ03

 

無料アプリながらタイムラインやトレンドの閲覧、リツイートや「いいね」、ハッシュタグの検索などが可能。

トレンドは「Settings」から「Country to use for Trending」『Japan』に設定するのをお忘れなく。

Chirp for Twitterのイメージ04

Chirp for Twitterのイメージ05

 

ツイートの書き込みやリスト・DM機能は、アプリ内課金して「Chirp Pro」にバージョンアップすれば利用可能。

Chirp for Twitterのイメージ06

 

課金額は ¥240、¥360、¥600 どれを選んでも解禁される機能に変わりはありません。

Chirp for Twitterのイメージ07

 

ツイートはどの画面でも、3Dタッチ(画面長押し)することで可能。

入力は音声入力と顔文字……ん、「FlickType Keyboard」

Chirp for Twitterのイメージ08

 

選んでみると、なにやらダウンロードしだしたのでドキドキ。

なるほど、「QWERTY配列」のキーボードが使えるようですね。残念ながら日本語入力は無い模様。

Chirp for Twitterのイメージ09

 

というわけで、日本語でつぶやくには音声入力が利用できます。

iPhone・Apple Watch に限ったことではありませんが、最近は音声入力の精度が高くてビックリですね〜。

Chirp for Twitterのイメージ10

 

筆者の Apple Watch series 3 では若干タイムライン等の読み込みに時間がかかりますが、まぁ気になるほどでもありません。

Apple Watch ならスキマ時間にササッとタイムラインのチェック、そしてどこでも気軽にツイート、といった使い方ができるのがいいですね。

Twitter と Apple Watch、相性バッチリじゃないですか!

 

まとめ

 

というわけで、Apple Watch でTwitter するなら『Chirp for Twitter』一択です!

 

 

Chirp for Twitter

Chirp for Twitter

  • Will Bishop
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料