ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー) 」が Amazon Fire TV シリーズに対応!

SPONSORED LINK

TVerのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

民法テレビの見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」が Amazon Fire TV シリーズに対応、ついに大画面TVでも視聴できるようになりました

見逃し配信をリビングの大画面TVで!

 

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」は、民放テレビ各局が提供するドラマ・バラエティーなどの番組を、放映後1週間程度の期間限定で視聴できる、広告付き無料配信サービスです。

これまで、iOSやAndroidといったスマホやタブレット向けにアプリが提供されていましたが、2019年4月15日からAndroid TVとFire OS用のアプリも提供開始。

これにより、「Amazon Fire TV」シリーズやAndroid TV機能搭載のソニー製テレビ「BRAVIA」で TVerを利用できるようになりました。

さっそく筆者もお家の「Fire TV Stick」にインストール。

モチロン、無料です。

TVerのイメージ02

TVerのイメージ03

 

アプリを起ち上げると、ホーム画面が表示されるのは従来どおり。

カテゴリーやキーワードはモチロン、配信されている番組の人気作をピックアップした「ランキング」からお目当てのコンテンツを探すことが出来ます。

TVerのイメージ04

TVerのイメージ05

 

録画忘れしがちな深夜バラエティーや地方ローカル番組もフォロー。

「ちょっと待てぃ!」の相席食堂、面白いですよね〜。

TVerのイメージ06

 

これまで、スマホやタブレットでしか視聴できなかった「TVer」ですが(TV画面に映す方法はありますが)、小さな画面では見た気がしない……という方もいるのではないでしょうか。

今回、価格も安くユーザーも多い Fire TV シリーズに対応したことで、お手軽にご家庭の大画面TVで見逃し配信が視聴できるのはありがたいですね。

 

まとめ

 

うっかり見逃した番組も「TVer + Fire TV」でノー・プロブレム。
しかし、これはますますリアルタイムでTV観なくなるな……