ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その50

SPONSORED LINK

麺屋 さん田のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、五十店目に訪れたのは京都市右京区、西院の『麺屋 さん田』さんです。

京都市右京区「麺屋 さん田」

 

2017年、イオンモール京都五条の裏手で開業された「麺屋 さん田」さん。

すぐ近くには「ラーメン荘 地球規模で考えろ ソラ」や「ぽっぽや」、少し離れたところには人気店「らーめん鶴武者」に「麺処 鶏谷」となかなかの激戦区ですが、コチラもすっかり人気店となりました。

ご店主は有名店「博多一風堂 錦小路店」「吟醸らーめん久保田」で修行されていたそうで、いやが上にも期待が高まります。

土曜お昼時の訪問とあって、行列こそ無いもののほぼ満席。

券売機で食券を購入し、席に案内されます。

といっても店内はテーブル席無し、カウンター席のみといった作り。元々は居酒屋だったのかも。

メニューは

  • つけ麺(並) 900円
  • らーめん 800円
  • 担々まぜそば 850円

などなど。

「担々まぜそば」に惹かれますが、ここはやっぱり看板メニューの「つけ麺(並)」を注文です。

 

濃厚な鶏白湯スープで味わい深い「つけ麺(並)」

 

というわけで、コチラが「つけ麺(並)」

麺屋 さん田のイメージ02

 

見た目は、ものっそい地味で鮮やかさ皆無の彩りですが……

まずは一口食べると、その“超濃厚”な鶏白湯のつけ汁にびっくり。

麺屋 さん田のイメージ03

 

麺に絡んだスープの旨味が、しっかりと口の中に広がります。

熱々のつけ汁も、冷たい麺と合わさるとちょうどいい具合に。

超濃厚だけど臭みも無くてしつこすぎず、つけ麺にありがちな「終盤の胃もたれ感」もありません。

このつけ汁なら、麺が続く限りいつまででも食べていられそう!

麺は中太、自家製だけあってスープとの相性もばっちり。

麺屋 さん田のイメージ04

 

麺のコシ、柔らかさも絶妙で、太い割にはスルスルと喉を通ります。

トッピングの極太メンマと鶏チューシューも食感良好。

特に鶏チューシュー、口の中でとろけるように柔らかくて、とってもジューシー!

どちらかというとつけ麺は……という筆者ですが、コチラのつけ麺は相性バツグン!つけ汁も出汁で割って、最後まで美味しく戴けました〜。

 

まとめ

 

地味シンプルな見た目とは裏腹に、濃厚さが癖になる「鶏白湯つけ麺」
今まで食べたつけ麺で、一番美味しいかも!

 

 

麺屋 さん田

 

  • 京都府京都市右京区西院追分町7-4
  • 営業時間 11:00~14:00/18:00~21:00
    日曜営業
  • 定休日 月曜日 (祝日の場合営業、翌日火曜休み)
  • 駐車場 無し