ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

『Apple Watch』に普通の時計用交換ベルトを着けてみた。

SPONSORED LINK

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

以前購入した『Apple Watch Series2/Series3 専用防水ケース』ですが。

www.gadgerepo.com

 

コチラを使って、Apple Watch に普通の時計用交換ベルトを装着、イメージチェンジしてみました。

「WENGER(ウェンガー)腕時計 純正ナイロンベルト」購入レポート

 

上記の記事で紹介したとおり、Apple Watch Series3用に購入した防水ケース。

 

Apple Watch を液晶面から背面、サイドのボタン・デジタルクラウンに至るまでスッポリ覆い尽くしてカバーする専用ケースで、防水性能はモチロンのこと、傷や汚れからもしっかりガードしてくれる優れもの。

汚れ作業の多い筆者の職場で Apple Watch を常時身につけておくには、もはや欠かせない存在となりました。

しかし、惜しむらくはそのデザイン。

良く言えば無骨で男らしいのですが、イマイチ残念な感じ。

特に筆者が気になっているのは、ベルト部分。ウレタンゴム製のよくあるタイプですが……

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ02

 

シンプルで飾り気のないデザインに加えて、ベルト幅が短く狭いために、本体に対して“ヒョロ”っとしたイメージでかっこ悪い!

ケース本体はともかくとして、ベルトだけでも何とかできないか……と思っていたのですが、よくよく考えればケースにベルトを取り付ける機構自体は一般の時計と同じ。

じゃあ、ベルトの幅さえ合えば一般的な交換ベルトが使えるんじゃね!?

というわけで、ベルトの取り付け幅を図ってみると20ミリ。

そこでネットのショップであれこれ物色して、良さそうなものを購入してみました。

それが、コチラ。

 

以前使っていた腕時計が、面ファスナータイプのベルトで使い勝手が良かったのと、本製品のお値段が2,000円台と手頃だったので決定。

色は「カーキー」「グレー」「ネイビー」「ブラック」の4色から選べますが、筆者は「グレー」にしてみました。

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ03

 

さっそく取り付け開始。

ケースに付属していたベルト交換用の工具を使い、従来のゴム製ベルトを取り外します。

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ04

 

そして購入したナイロンベルトを、外した時とは逆の手順で取り付けます。

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ05

 

で、取り付け終わったのがコチラ。

新しいナイロンベルトは、本体に取り付ける部分よりベルトの幅が若干広くなっているので、本体のサイズに負けない無骨なイメージになっています。

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ06

 

さっそく装着。

以前とはガラッと印象が変わったのはモチロン、面ファスナーで取り外しが簡単になったのも好感触。

そしてナイロンベルト製なので、防水ケースごとジャブジャブ水洗いできる!

Apple Watch 専用防水ケースベルト交換イメージ07

 

Apple Watch 専用の交換ベルトではなく、一般的な時計用交換ベルトが使えるのはありがたいですね。

 

まとめ

 

手前みそですが、良いカスタマイズが出来ました〜。