ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その49

SPONSORED LINK

麺処 森元のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、四十九店目に訪れたのは京都府久世郡『麺処 森元 久御山店』さんです。

京都府久世郡「麺処 森元 久御山店」

 

2019年2月にオープンしたばかりの「麺処 森元 久御山店」さん。

松井山手の店舗に続いての2号店だそうです。

以前訪れたことのある「ばんから 京都久御山店」さんが廃業し、その跡地で営業されています。

www.gadgerepo.com

 

広い店舗に加えて駐車場も完備、子連れのファミリーでも気安く入れる雰囲気がありがたい。

日曜日、晩ごはん時の訪問でしたが、やはりファミリー層で賑わっていました。

レギュラーメニューは

  • 特製醤油ラーメン 700円
  • 中華そば 650円
  • 豚骨醤油ラーメン 750円
  • カレーラーメン 750円

の4種類。

麺処 森元のイメージ02

麺処 森元のイメージ03

 

そして期間限定でしょうか、「あさり塩ラーメン」というのもありました。

今回筆者は、「特製」の文字に惹かれて「特製醤油ラーメン」を頼んでみました。

 

こだわり醤油が引き立つ「特製醤油ラーメン」

 

というわけで、コチラが「特製醤油ラーメン」です。

麺処 森元のイメージ04

 

パッと見、背脂でコッテリの京都ラーメンといったイメージですが、食べてみるとまるで印象が違います。

スープは鶏ガラですが、昔ながらの伝統製法で醤油づくりを続ける京都の老舗醤油処「松野醤油」をかえしに使っているためか、濃厚ながらしつこさは感じられません。

醤油の旨味や香りが際立っていて、食欲をそそります。

麺は細麺のストレートながら、スープをしっかりと吸い込んでいて味わい深い。

チャーシューは赤身の多い部分を薄くスライスした“しっとり系”、最近では逆に珍しいタイプですね。

レアチャーシューが好きな筆者は、ちょっと残念。

トッピングは青ネギにメンマと、王道な構成です。

醤油を売りにしているだけあって、スープは流石といった感じ。

最後の一滴まで美味しく飲み干すことが出来ました。

逆をいえば、スープは印象に残るものの、その他は主張が弱い……かな。

なにかもう一捻り欲しいと感じました。

そしてコチラは、娘が注文した「中華そば味玉」

麺処 森元のイメージ05

 

背脂がない分、醤油の美味しさがストレートに伝わります。

さらに、奥さんの「あさり塩ラーメン」

麺処 森元のイメージ06

 

「あさり」と「塩ラーメン」の組み合わせ、そしてまさかの「レモン」が絶妙のアクセントです。

一口だけの味見でしたが、結構イケてるかも!

 

まとめ

 

メニューのレパートリーも豊富で、安定した美味しさ。
ファミリー層には安心してオススメできるラーメン屋さんです。

 

 

麺処 森元 久御山店

 

  • 京都府久世郡久御山町佐山東代1-3
  • 電話 0774-41-2311
  • 営業時間 月~金:11:30~15:00/17:00~23:00(L.O.22:30)
    土日・祝:11:30~23:00(L.O.22:30)
    日曜営業
  • 定休日 不定休
  • 駐車場 有り(14台)