ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

TVドラマ『大恋愛』最終回を観て、改めて戸田恵梨香の才能を思い知る。

SPONSORED LINK

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

ムロツヨシ&戸田恵梨香主演のTVドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系列)が先日、最終回を迎えましたね。

お察しのとおり、筆者は大号泣です。

TVドラマ「大恋愛」とは?

 

2018年10月12日から12月14日までTBS系列で放送されたドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」。

主人公・北澤尚(きたざわ なお)に戸田恵梨香、その相手役である間宮真司(まみや しんじ)にはムロツヨシがキャスティングされ、話題となりました。

あらすじは……

女医である北澤尚は、婚約者との結婚を間近に控え新居へと引っ越すことに。

そこで引っ越し業者のアルバイトであり、尚のお気に入りの小説「砂にまみれたアンジェリカ」の作者でもある間宮真司と運命の出会いを果たします。

互いに惹かれ合い、やがて恋に落ちる二人……

婚約を解消し、真司と暮らし始める尚でしたが、彼女は「軽度認知障害」に侵されていることが判明。

このまま進行すれば「若年性アルツハイマー病」へと至る病。日常の記憶も曖昧になり、やがて真司の顔も、名前も、思い出さえも忘れてしまう……

そんな運命に、ふたりは互いに支え合って生きていく道を選ぶのでした。

やがてふたりの間に子どもが生まれ……

 

「若年性アルツハイマー病」という重く難しいテーマを絡めながら、尚と真司の10年に渡る『大恋愛』を描いた本作品。

最終回の平均視聴率は13.2%、全話の平均視聴率は10.0%と昨今のドラマとしては好成績を残しました。

 

天才・戸田恵梨香という女優

 

恋愛ドラマに初挑戦、いつものコミカルな演技はちょっと抑え、シリアスなシーンも好演して演技の幅の広さを見せつけたムロツヨシさんも素晴らしかったですが、やはり圧巻だったのは戸田恵梨香さんの演技力

ドラマ開始時の若く才能に溢れ、明るく外交的な尚が、次第に歳を重ね、さらには若年性アルツハイマー病が進行していく様を見事に演じきりました。

特に最終回のラスト、浜辺で小説「脳みそとアップルパイ」を読み聞かせている真司に、奇跡的に記憶の戻った尚が向けたこの表情っスよ!

戸田恵梨香のイメージ01

 

病気のせいでボンヤリした表情ながらも、真司をしっかりと見据えてハラリと涙をこぼす……

セリフの言い回しの妙もあって、この場面で筆者は涙腺崩壊。

「SPEC」や「LIAR GAME」、「コード・ブルー」でもそれぞれ異なるキャラクターを巧みに演じ分け、「演技力すごいな……」と思っていましたが、本作での表情・表現力豊かな演技も見事としか言いようがありません。

改めて女優・戸田恵梨香に惚れ直した筆者なのでした。

 

まとめ

 

小池徹平も上手かったなぁ〜、富澤さんは……