ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

映画『マスク』を観て気持ちが昂ぶったので、キャメロン・ディアスを描いてみる。

SPONSORED LINK

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

先日、晩御飯を食べ終えて一息ついた筆者宅。

寝る前にリビングでなにか映画でも観る?という流れになり、加入している動画配信サービス「hulu」を物色してみると、新着映画に『マスク』(吹替版)が!

子どもたちにもウケそう&懐かしさから、さっそく観ることになりました。

『マスク』(1994年公開)とは?

 

映画『マスク』(原題: The Mask)は、1994年にアメリカで公開されたコメディ映画。

主人公「スタンリー・イプキス」演じるジム・キャリーを一躍スターダムに押し上げた作品です。

うだつの上がらない銀行員である主人公スタンリー・イプキスが偶然手に入れた不思議なマスク。それを被ると魔人「スタンリー・ザ・マスク」に変身し、不思議なチカラで周囲を巻き込みながらハチャメチャな騒動を引き起こしていく……

ストーリーや、SFXを駆使したマスクのオーバーアクションも見どころですが、なんといっても注目すべきはヒロイン「ティナ」役であるキャメロン・ディアスの美しさ!

「マスク」がデビュー作となるキャメロンですが、本作の大ヒットを受け、その後次々と人気作の主演女優として活躍したのも頷けます。

キャメロン作品で筆者のお気に入りは1998年公開の「メリーに首ったけ」。

この作品でのキャメロンも素敵だったなぁ〜。子どもには観せれませんがw

というわけで、沸々とキャメロン熱が高騰してきたところでイラストを描いてみました。

キャメロン・ディアスのイメージ01

 

そんなキャメロン・ディアスも2018年の3月に引退を表明。

まだお若いのに、寂しい限りです……

 

まとめ

 

あ、ちなみに映画「マスク」は子どもたちに大ウケでした。