ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

『hulu』が動画のダウンロードに対応!外出先でもオフラインで再生できるぞ!

SPONSORED LINK

huluダウンロード対応のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

2018年7月より、定額制動画配信サービスの『hulu(フールー)』が配信中の動画を端末にダウンロードし、オフラインで再生する機能に対応いたしました。

外出先でも “ギガが減る” ことを気にせず動画が楽しめる!

 

「Netflix」「Amazon Prime Video」と並び、日本での定額制動画配信サービスで大きなシェアを持つ『hulu(フールー)』。

ところが、他社が対応している「モバイル端末に動画をダウンロード・オフラインで再生」する機能について、これまで提供していませんでした。

しかし、2018年7月26日に実施されたアプリのアップデートにより、iOS・Android版ともにモバイル端末のストレージに動画をダウンロードする機能が実装。

出先での通信できない環境や、利用できる通信パケットが残り少ないような状況でも気にせずに、端末にダウンロードしたコンテンツをオフラインで楽しむことが “やっと” できるようになりました。

huluダウンロード対応のイメージ02

 

権利などの関係で、huluで配信されているすべてのコンテンツがダウンロード可能というわけではありません。

ダウンロードできる動画はダウンロードマーク( ⌴と↓が組み合わさったマーク)が表示されています。

マークをクリックすると、端末の内部ストレージに動画が保存されます。(保存先は指定不可)

huluダウンロード対応のイメージ03

 

ダウンロード機能が利用可能な OSは、iOS 10.3以上または Android 5.0以上となっています。

また、1アカウントでダウンロード機能が利用できるのはモバイル端末2台まで、25本まで保存可能です。

大手携帯キャリアや格安SIMサービスでも、プラン毎に利用できる通信パケット量は決まっており、必然的に通信量の多い動画配信サービスは外出先では気軽に楽しむ、というわけにはいきませんでした。

しかし、Wi-Fi 環境下で端末にダウンロードしてしまえばオフラインで動画が視聴できるこの機能、コンテンツも豊富で利用者の多い hulu がサービス開始したことで、恩恵をうける方も多いのではないでしょうか?

かくいう筆者も、手持ちの Wi-Fi 版 iPadに子ども向けの動画をダウンロード、長時間ドライブのお供として活用したいと思います。

 

まとめ

 

ついに動画ダウンロードに対応した『hulu(フールー)』
ダウンロード可能な作品がまだ少ないですが、「Amazon Prime Video」と組み合わせれば外出先で重宝すること間違いなし!