ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

愛用のスタイラスペン『Su-Pen(スーペン)』のペン先を交換してみた。

SPONSORED LINK

Su-penのイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

スマホの操作に、株式会社MetaMoJi 製のスタイラスペン(タッチペン)である『Su-Pen(スーペン)』を長らく愛用している筆者。

www.gadgerepo.com

2年以上も使っていると、さすがにペン先がヘタってきたので、交換してみることにしました。

Su-Pen 交換用ミニペン先購入レポート

 

当初はスマホゲームのためだけに購入した Su-Pen でしたが……

  • 画面すべりも良くなめらかな書き心地
  • 汗で指先がベトつく夏もかじかむ寒さで手袋必須の冬も快適に操作できる利便性
  • 長すぎず短すぎず、程よい本体サイズ

といった点が気に入り、当のゲーム(妖怪ウォッチぷにぷに)を卒業した今でも使い続けています。

 

しかし2年以上、子どもたちからのヘビーな使われ方も体験してきた我が家の Su-Pen、ペン先の導電性繊維も毛羽立ちと潰れが目立ち、書き心地が損なわれてきました。

そこで今回は、Su-Pen 公式の交換用ミニペン先(2個セット)を購入してみることに。

 

ペン先2個入りで ¥ 1,800、1個 ¥900となかなか高価な代物ですが、これからもスマホを快適に操作できることを考えればお安いもの。

Amazon で注文、翌日にはさっそく到着です。

Su-penのイメージ02

 

パッケージは質素なものですが、ペン先は2個ともしっかりとスポンジに包まれております。

コチラがペン先。2個あれば当分持つでしょう。

Su-penのイメージ03

 

先端はクッション性のある導電性繊維。軸との接合部分はアルミで出来ておりしっかりとした造りです。

Su-penのイメージ04

 

ペン軸本体とはねじ込み式で脱着、特殊な工具は必要なく交換は簡単そのもの。

Su-penのイメージ05

 

新しいペン先で気分一新!スマホ操作もはかどるというものです。

しかし、2個あるとはいえお高いペン先。

少しでも長持ちさせるコツが書かれたサイトがありましたので、参考までに。

www.appbank.net

 

スタイラスペン(タッチペン)としては高価な部類ながら、書き心地と品質の良さから愛用者も多い『Su-Pen(スーペン)』。

ペン先を交換すればいつまででも使えるのは、ありがたいですね。

まとめ

 

快適なスマホ操作に必須のアイテム、『Su-Pen(スーペン)』
愛用中の方、ペン先交換で新品の書き心地を取り戻しましょう。