ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第八話『二律背反のデュアル』感想

SPONSORED LINK

 二律背反のデュアルのイメージ01
TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」第八話より

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

TV アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)』、第八話「二律背反のデュアル」の感想です。

第八話あらすじ ※ネタバレ注意

 

アクセス不能に陥った「アマデウス紅莉栖」から助けを求める着信、その直後「リーディング・シュタイナー」が発動し、倫太郎は世界線を移動。

その前に現れたのは、牧瀬紅莉栖!そこは、紅莉栖が生存しているあの「α世界線」だった。

以前と変わらない態度・様子の紅莉栖を、倫太郎は思わず抱きしめる。不思議そうな紅莉栖。

しかし喜びの邂逅かいこうも束の間、倫太郎は再び絶望へと突き落とされる。α世界線で何度も味わった、逃れられない二者択一。

紅莉栖が生きている、ということは まゆりは……。

この α世界線で倫太郎は苦悩の末、dメールのデータを消すためのエシュロンへのクラッキングを断念。結果、まゆりは死への収束から逃れられず、心臓発作のために亡くなっていた。

その後、過去への干渉を断ち切るため電話レンジ(仮)とタイムリープマシンを破棄。

“まゆりを見殺しにした” という罪の意識から、倫太郎は大学へも通わず、アキバからもすっかり足が遠のいてしまっているという。

思いがけない α世界線への移行に動揺を隠しきれない倫太郎の様子から、世界線が変動したことを察知する紅莉栖。

そして、秘密裏に作り直していた「電話レンジ(仮)改」を使い、元の世界線へ帰るよう倫太郎を促す。

が、幾度となく世界線を巡り歩き、あまつさえその手で紅莉栖を殺めてしまった倫太郎には、再び紅莉栖を “なかったコトにする” という決断が出来ないでいた。

そんな倫太郎を連れ、紅莉栖はある場所へと向かう。

ーーー

そこは、まゆりが眠る墓地。

まゆりのお婆さんが亡くなった時、ショックでふさぎ込み、毎日墓地に通っては空に向かって手をかざし、そのまま消えてしまいそうな まゆりを抱き止め、“人質” にした思い出の場所。

「(β世界線の)あなたは正しい、(α世界線の)あいつが間違えただけ。」

という紅莉栖の説得と、まるで まゆりが手を差し伸べているように明るく、暖かく周りを包む陽の光を見て、ついに倫太郎は元の β世界線に戻ることを決意する。

ーーー

ラボに戻った二人。

いつものように、手際よく紅莉栖が 過去へのdメール送信をセッティングする。

倫太郎のスマホ画面、dメールの文面は、

「ハイルナ」

宛先を見て、倫太郎はその文面の意味を理解する。

だが、やはり躊躇ちゅうちょし、「送信」を押すことが出来ない。

その様子を見て、優しく微笑みながら倫太郎にキスする紅莉栖。

そしてその手をスマホを持つ倫太郎の手に重ね、「送信」をタップする。

「サヨナラ」

途端に視界が乱れ、涙を浮かべる紅莉栖の姿が次第に薄れていく……。

ーーー

夏の暑い日差しの中。

ラボに向って懸命に走っている紅莉栖。

そのラボには白衣を着た倫太郎とダル・まゆりが居る。

エシュロンへのハッキングに成功したダルが、傍受された “事の始まりのdメール”データにアクセス。

今まさに、クラッキングを実行しようと、倫太郎が PCの「Enter」キーに手をかけている。

ラボに到着し、ドアノブに手を伸ばす紅莉栖の携帯電話にメールが着信。その文面は、

「ハイルナ」

一瞬躊躇ちゅうちょしたために部屋に入るタイミングが遅れ、結果「Enter」キーが押されることに……。

ダイバージェンスメーターの数値は「1.097302」。

物語の舞台は再び、β世界線へ……。

 

アニメオリジナルの展開に涙腺崩壊

 

はい、大号泣です。

真夜中におっさんの涙腺を崩壊させることに定評のあるアニメ「シュタインズ・ゲート」の面目躍如ですよ。

www.gadgerepo.com

 

サブタイトルとなっている「二律背反のデュアル」、原作のシナリオでも α世界線の紅莉栖に再開するエピソードが含まれており、ゲーム中でも屈指の “泣きポイント” となっているので、ある程度の覚悟はしていましたが、アニメのオリジナル要素がふんだんに盛り込まれたおかげで、まさかここまで破壊力があるとは……。

ゲーム版では曖昧だった α世界線から β世界線への戻り方を、これまた必至の泣きポイントであるアニメ前作の22話とうまく繋げることで、原作以上の感動シーンに仕上げてきましたね。

オカリンの様子に気づき世界線の移動を察知、「1を聞いて10を知る」理解力・地頭の良さもさることながら、意気消沈のオカリンを鼓舞しつつ的確にアドバイスを与えサポートする。

久しぶりに見る紅莉栖の「名助手っぷり」もすべて懐かしい。

なのになのに、またもや悲しい別れ……。

その別れ方もただただ切ない……。

まさしく神回。あかん、これ何度観ても泣いてしまうやつや……。

 

まとめ

 

やはり生身の紅莉栖登場は破壊力抜群!
最終回まで、筆者の涙腺が持つか乞うご期待!