ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第七話『振電遷移のエクリプス』感想

SPONSORED LINK

 振電遷移のエクリプスのイメージ01
TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」第七話より

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

TV アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)』、第七話「振電遷移のエクリプス」の感想です。

第七話あらすじ ※ネタバレ注意

 

「アマデウス紅莉栖」の接続が遮断された直後、ラボに侵入してきた仮面の武装集団。

「これ、何のサプライズ?」と困惑顔のラボメンをよそに、幾度となくこの場面に直面してきた倫太郎と、死線をくぐり抜けてきた鈴羽だけが状況を察し、戦慄している。

誰一人身動きできない中、部屋に入ってきたのは “黒いフルフェイスにライダースーツ” の女性。

α世界線と同じなら、メットの下の顔は桐生萌郁のはずだが……。

まゆりの身を案じ、守ろうとする倫太郎。だが意外にも、集団の目的は「椎名かがり」確保だった。

かがりの事を「K6205」と呼び、連れ去ろうとする……と、そこへ思いがけない人物が……。

ーーー

「二階で騒ぐなって言ってんだろ!」

物陰から忍び寄り、武装集団をひとり、また一人と制圧していく “Mr.ブラウン” こと天王寺裕吾。

その混乱に乗じて かがりを奪取、バイト戦士改め「戦士」鈴羽が “フルフェイス” の上段めがけ、目にも留まらぬ速さで蹴りを放つ!

が、難なく左腕で蹴りを受け、集団を引き連れてフルフェイスはラボを後にする。

事なきを得た一同。

「説明してもらおうか岡部。あの連中は何だ?」

と、倫太郎に説明を求める天王寺。

「SERN」のラウンダーを束ね、萌郁のボスである『FB』が知らないということは、ラウンダーは無関係?それとも……。

ーーー

ホテルではなく、脳科学研究所に戻った真帆。

スマホからレスキネン教授に連絡をとろうとするが、つかまらない。

「こんな時に……。」

愚痴をこぼしながらPCにパスワードを打ち込むが、「アマデウス」には依然アクセス出来ないまま。画面には、

「ERROR Connection refused」

の文字。

Connection refused の原因は対象のマシンが拒否したため、あるいは要求したアドレスにサービスが存在しなかった場合の接続エラー。

……「アマデウス」が消えた?

ーーー

柳林神社に泊まり込みで かがりの警護に当たる鈴羽。

その鈴羽にルカは、自分だけが蚊帳の外に置かれていることへの不満をぶつける。

しかし鈴羽はその疑問に答えず、倫太郎の気持ちを代弁するに留めた。

「オカリンおじさんが ルカ兄さんに(未来からのことを)話さないのは、この世界の人間のままでいてほしいから。」

ーーー

次の日、ブラウン管工房。

倫太郎は天王寺に奇襲をかける。

「あれは貴方の差し金じゃないですよね?」

声を荒らげ、詰め寄る天王寺に続けて……

「それはあなたがラウンダーだからですよ。ミスターフェルディナントブラウン。それとも……FBと呼んだ方がいいですか!」

と暴露。

秘密を知られていることに虚をつかれた天王寺。そして倫太郎はα世界線の出来事を話し始める。

信じられない話ではあるものの、自分しか知らないはずの「SERN」の機密を知っている倫太郎に、天王寺はラウンダーの「FB」であることを認めた。

さらに倫太郎は、天王寺の娘・なえにも危害が及ぶかもしれないという理由から かがりのボディーガードを依頼。

にべもなく断る天王寺だったが、鈴羽からの「私と かがりをブラウン管工房にバイトとして雇って欲しい」という提案と、綯からの説得で渋々ボディーガードを引き受けることに。

「バイト戦士」鈴羽、復活!

ーーー

所変わってファーストフードのお店。襲撃時はいなかった由季に、フブキとカエデが事の顛末を話している。

二人の話を聞く由季の左腕には、昨日までは無かった包帯が巻かれていて……。

ーーー

ラボには まゆりやダル、フェイリスにルカ、そしてフブキ・カエデが集まっている。

襲撃の一件を話し合ううち、武装集団が かがりのことを「K6205」と呼んでいた点に着目、調べてみることに。

ネットで調べてみたものの、商品番号以外に目ぼしいものはヒットせず。

が、諦めかけていたところにカエデが「ケッヘル番号では?」と口にする。

「ケッヘル番号」とはモーツァルトの死後、彼の曲に時系列順に付された番号。とはいうものの、モーツァルトの曲は6205作も無い。

さらにカエデは「K6205」が K620番『魔笛』の5曲目では?と推測。

モーツァルト繋がりでアマデウスに思い至った倫太郎、真帆に連絡をとってみると依然として「アマデウス」にアクセスできない状態が続いており、乗っ取られた可能性もあるという。

そして、真帆との電話を切った直後に「アマデウス紅莉栖」から着信が!

恐る恐る電話に出た倫太郎の耳に、

「お願い…助けて…岡部…!」

と紅莉栖の声が!その途端、倫太郎の視界がグルグルと回り始める!

「リーディング……シュタイナー!?」

目眩が収まった倫太郎。先ほどと変わらずラボにはいるものの、周りには誰もいない。

手元のスマホを確認すると、「アマデウス」のアプリが消えており、どうやら世界線が変わった模様。

と、カーテンの向こうに人の気配。

息を飲む倫太郎。作業室から出てきたのはなんと、牧瀬紅莉栖だった……!

 

紅莉栖、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

重大なポイントが多すぎて、思わず あらすじが長〜く長〜くなってしまいました。

Mr.ブラウンが味方に!とか、「バイト戦士」再び!とか、露骨に怪しい由季さんの包帯とか、いろいろありましたが ED後にまさか、まさかの紅莉栖、復活

しかし、紅莉栖が生きている世界線……。うわああああ!まゆしぃが!!

「アマデウス」が乗っ取られたことで紅莉栖の記憶も奪われ、それが「タイムリープ理論」を他の機関が研究するキッカケとなってタイムマシンが完成した……そして世界線が変わった、というところでしょうか。

そう、紅莉栖復活はファンにとってウレシイことですが、喜んでばかりもいられません。

原作どおりなら、この後の展開はシリーズを通して屈指の『泣きポイント』!

果たしてオカリンは、そして紅莉栖大好きの筆者は、

この試練に耐えられるのか!

続きが楽しみです。

 

まとめ

 

ゼロはゲームでやってた時より、アニメの方が断然おもしろい!
特に毎回の終わり方、やっぱり演出って大切ですね。