ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【2018年GW】梅宮大社のツツジをのんびり気分で満喫。

SPONSORED LINK

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

梅宮大社のイメージ01

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

2018年のゴールデンウィーク、前半初日は近場でゆっくりしようと思い、京都市右京区の『梅宮大社(うめのみやたいしゃ)』に行ってきましたよ。

居心地の良い神苑と猫で癒しのひと時

 

京都市右京区にある「梅宮大社」は、橘氏の氏神として、また梅の名所として知られる神社です。

訪れるキッカケとなったのは、京都をメインに関西の観光地・名所の情報満載なブログ「京都旅行のオススメ」さんのコチラの記事を拝見したから。

kyototravelnoosusume.hatenablog.com

 

ちょうど今の時期はツツジが見頃を迎えている、とのことで出かけてみることに。

京都府指定登録文化財である楼門をくぐると、同じく登録文化財の拝殿には大きな絵馬が鎮座。

梅宮大社のイメージ02

 

敷地内の至る所にカキツバタが咲いています。

梅宮大社のイメージ03

 

酒造の神である「大山祇神(オオヤマツミ)」を主祭神とするだけあって、奉納された酒樽が目立ちますね。

梅宮大社のイメージ04

 

そして梅宮大社名物、敷地内で十数匹ほど飼われている

梅宮大社のイメージ05

梅宮大社のイメージ06

 

気持ちよさそうに寝ている姿を見ると、コチラも癒やされます(´ω`*)

そして、庭園である神苑で見頃を迎え、これでもか!と咲き誇っているツツジの数々。

梅宮大社のイメージ07

梅宮大社のイメージ08

梅宮大社のイメージ09

 

神苑のベンチに腰を下ろしツツジに見とれていると、時の経つのも忘れてしまいそう。

コチラは名前が面白い「なんじゃもんじゃ」の木。

梅宮大社のイメージ10

 

本当の名前は「ヒトツバタゴ」で、モクセイ科の植物です。

名前の由来として立て札に書かれていた説明によると、水戸黄門こと徳川光圀が参勤交代の途中に下総を訪れた際、この不思議な花を咲かせた木をご覧になって「この木はなんじゃ」と尋ねられたところ、土地の人が聞き取れず「なんじゃもんじゃ?」と問い返したのを「なんじゃもんじゃであるか!」と勘違いしたのが始まりと言われているそうですが、諸説諸々のようですね。

続いて藤棚。残念ながら藤の花は見頃を過ぎてしまった模様。

梅宮大社のイメージ11

 

この不可思議な葉脈の葉っぱはなんだろう?

梅宮大社のイメージ12

 

娘(5歳)の手のひらと記念撮影。

梅宮大社のイメージ13

 

ゴールデンウィークながらそれほど観光客も多くなく、神苑内をゆっくりと見て回ることが出来ました。

梅宮大社のイメージ14

 

まとめ

 

京都市右京区の『梅宮大社(うめのみやたいしゃ)』
人混みが苦手、喧騒を離れリラックスしたい……という方にはピッタリのスポットです。