ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【シュタインズ・ゲート ゼロ】第二話『閉時曲線のエピグラフ』感想

SPONSORED LINK

閉時曲線のエピグラフのイメージ01
TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」第二話より

ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

TV アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)』、第二話「閉時曲線のエピグラフ」の感想です。

第二話あらすじ

 

ヴィクトル・コンドリア大学のセミナー会場。

α世界線でも紅莉栖が提唱していた「人の記憶をデータ化して保存する」という理論を元に、人の記憶や感情をベースに構築された人工知能「アマデウス」のデモンストレーションが行われる。

感情的な反応や不都合な記憶の忘却など、単なる人工知能とは思えないやり取りに驚きを隠せない倫太郎。

講演後のパーティーで比屋定真帆と親しくなった倫太郎だが、紅莉栖しか知りえない理論を口にしたことで真帆に問いただされ、紅莉栖とは日本留学時に友達(?)だったと真帆&レスキネン教授に打ち明ける。

事情を知ったレスキネンは倫太郎に「もうひとりの人工知能に会ってみないか?」と勧めるが、それは8ヶ月前の、まだ倫太郎と出会う前の記憶を有した「アマデウス紅莉栖」だった。

ためらいながらも、「アマデウス紅莉栖」に会う決心をする倫太郎。

どこか他人行儀で、α世界線とは少し違った様子の紅莉栖に最初は戸惑うものの、すぐ不機嫌になったり、強がりを言ったり、人一倍好奇心が強く負けず嫌いな「アマデウス紅莉栖」に紛れもない牧瀬紅莉栖の面影を感じ、涙してしまう……。

 

思いがけない “紅莉栖” との再会

 

今回は人工知能「アマデウス紅莉栖」が初登場。

比屋定さんのかわいらしい仕草にやられそうでしたが、

それ以上に、久しぶりに観るツンデレ紅莉栖に興奮が隠せません!

思いがけず紅莉栖との再会を果たした倫太郎でしたが、彼女がいるのは触れることの出来ない画面の中。

そしてそれは、倫太郎と心から理解し合えた紅莉栖とは違う、別の紅莉栖。

『アマデウス紅莉栖』と話せば話す程、本当の紅莉栖はいないという現実を思い知ってしまう……

真帆が危惧した通り、倫太郎の苦しみはますます深まるばかりなのでした。

しかし『アマデウス紅莉栖』、これって今流行りの

バーチャル・YouTuberですよね?

 

まとめ

 

OP&ED も雰囲気があってカッコいい!
特に OP のいとうかなこさんサイコーーー!